レビュー

【レビュー】CATEYE ストラーダ スマート CC-RD500B【サイクルコンピューター】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日もまたまた自転車ネタです。

スポーツ自転車買うとやっぱり欲しくなるのがサイクルコンピュータ
サイクルコンピュータとはなにかと言うと、時速や走行距離などを計測して表示するコンピュータです。他にもCO2の削減量がわかったり、高いものになると地図データとが入ってGPSが入っていて自分が走行した経路を記錄出来るものもあります。

お値段はピンキリ。2,000円程度で買えるものから、80,000円以上するものも。

このサイクルコンピュータ、どうやって時速などを計測するかというと、自転車本体にセンサーを取り付けて計測するものがほとんどです。

というわけで、色々な種類があるサイクルコンピュータからどれにしようかと調べていたのですが、先日ライトのレビューで紹介したCATEYEのサイクルコンピュータを使っている人が多かったので、僕もCATEYEで探すことにしました。ちなみにこのCATEYEという会社、大阪の会社のようです。

早速CATEYEのホームページを見てみたのですが、現行品だけで17種類ものサイクルコンピュータが。。。価格.comで調べてみたら、どうやらCC-RD500B(ストラーダスマート)というモデルとCC-VT210Wってモデルが人気のよう。値段的にはCC-RD500Bが6,000円程度、CC-VT210Wが3,000円程度。

何が違うのか調べてみた結果、ざっくり言うとCC-VT210Wはワイヤレスで基本的な機能。CC-RD500B(ストラーダスマート)はBluetooth内蔵でiPhoneとの連携が出来るとのこと。

スマホ連携に惹かれた僕はCC-RD500Bを購入。

開封してみると、センサーが無い。ん?どういうことだ?と思いながら早速自転車に取り付けて、iPhoneとペアリング。ちょこっとサイクリング行ってみました。

センサーが無いにもかかわらず、時速も走行距離も計測出来てる。そこで気づきました。なるほど、iPhoneのGPSを使って計測してるのね。ってことはこのCC-RD500Bは何をしとるんだ?と疑問。結果、iPhoneで計測している情報をBluetoothで本体に飛ばして表示しているだけ。しかも比較的夜に自転車に乗るので、液晶が全く見えません。せめてバックライトが付いていれば。。。自転車に乗る時はiPhoneを自転車にマウントしている僕にとってはこの商品は不要でした。。。やってもた。。。ちゃんと調べてから買えばよかった。。。

ちゅうわけで、今はiPhoneにサイクルコンピュータのアプリを入れて、CC-RD500Bは使用しておりません。

ただし、主に昼間に自転車に乗る人、iPhoneで時速等を表示するとバッテリーの消耗が激しいのでその辺りが心配な方には使えるサイクルコンピュータかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月
« 1月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

フォトライブラリー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。