レビュー

CATEYE VOLT300

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自転車始めました」ってことで、僕が使ってるライトのご紹介です。

はじめは「まぁそんなに暗いところ走らんし、自分の存在を知らせることが出来ればいいか」てな感じで、CATEYE社のHL-EL140という単三電池で使えるライトを購入したのですが、暗かった。。。大阪市内でも繁華街じゃないところだと暗くて前が見えません。。。

ということで、同社のVOLT300という300ルーメンの明るいライトに買い替えました。本当はLEZYNE社のMACRO DRIVEが欲しかったのですが、VOLT300は予備バッテリーと急速充電器が付属で6,000円程(購入時)ということで、貧乏な僕はVOLT300にしました。

明るさですが、十分です。真っ暗な河川敷とか走るなら、もっと明るいライトの方が良いかもしれませんが、街乗りなら300ルーメンで十分。てか、それより明るいと歩行者や自動車などに迷惑をかけてしまうかも。

最近のライトは定電圧回路ってのが付いてるものがあって、付いていないものは電池が減ってくると輝度が落ちてくるのですが、定電圧回路付きのライトは電池が切れるまで輝度が変わりません。なので、突然ライトが消えます。(VOLT300は電池残量が少なくなってくると赤いLEDが点灯してくれます。MACRO DRIVEも電池残量を確認できます。)なので、予備バッテリーが付いてるのは安心です。

デザインはLEZYNEが圧倒的にかっこいいです。あとシリコンのバンドで取り付けるので、ブラケットが必要ありません。

というわけで、自転車のライトについてでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年4月
« 1月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

フォトライブラリー

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。