記事

Jetpackのシェアボタンを任意の位置に配置する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressのプラグイン「Jetpack」はとても便利。愛用しています。

ところがサイトを構築している上で困ったことが発生。

Jetpackのパブリサイズ共有という機能は、いろいろなソーシャルメディアに共有するボタンを出力してくれる非常に便利な機能です。

が!デフォルトではthe_content()の最下部に自動的に出力してくれるんですね。カスタムフィールドなんかを使っている場合、これはちょっと困る。例えば、Google Mapsを使ったカスタムポストの場合、本文→シェアボタン→地図という具合に表示されてしまうわけです。地図まで見た上で、シェアボタンを押してもらいたいので、表示位置が意図するものとは違ってくるわけです。

で、ググりました。

WordPressプラグイン「Jetpack」 | SNS共有ボタンを好きな場所に表示

ビンゴ。僕がやりたいことを丁寧に説明して下さっています。感謝。

まず、function.phpなどに以下のコードを書きます。

function jptweak_remove_share() {
    remove_filter( 'the_content', 'sharing_display',19 );
    remove_filter( 'the_excerpt', 'sharing_display',19 );
    if ( class_exists( 'Jetpack_Likes' ) ) {
        remove_filter( 'the_content', array( Jetpack_Likes::init(), 'post_likes' ), 30, 1 );
    }
}
add_action( 'loop_start', 'jptweak_remove_share' );

これで一旦表示そのものを削除してやるわけですね。
これだと、単純にシェアボタンが消えるだけ。続きがあります。
今度は表示したい位置に以下のコードを挿入。

if ( function_exists( 'sharing_display' ) ) {
    sharing_display( '', true );
}

これで完璧。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月
« 9月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

フォトライブラリー

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。