日記

勝谷誠彦の××な日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日(12月3日)は、僕がWebの仕事を始めて最も「やりがい」というものを感じた一日でした。
テレビ等でおなじみの勝谷誠彦さん12月3日のメルマガを一部引用させて頂きます。

 この日記のタイトルがツイッターで毎朝、本編とほぼ同時に配信されているのはご存じだろうか。日記を始めて私が全く予期していなかったいい意味での「副作用」に読者の方々の集合智がある。こちらからお願いしなくても「こうした方がいいよ」と助けて下さる方のなんと大勢おられることか。
 直接私よりも迂闊屋がお世話になるケースが多いが、今回のツイッターもそうだ。Kさんという読者の方が自動的にタイトルがツイートされるような仕組みを作ってくれたらしい(私本人はよくわかっていない。迂闊屋からの報告に基づく伝聞・泣)。
 ぜひとも迂闊屋ツイッター(@u_katsuya)もお知り合いにひろげて下さい。最近、この日記が持つ意味に、馬鹿な本人が最後に気づきつつある(笑)。

この「Kさん」、僕のことなんです。

僕は今年の1月からこの「勝谷誠彦の××な日々」を購読させて頂いているのですが、先日メルマガの付録の中で(だったと思います)、「メルマガが配信されたら自動的にTwitterに投稿できないかなぁ」という内容があったので勝手に作ってみたんです。
そして迂闊屋スタッフの方にそういうシステムを作ったという旨のメールをお送りしたところ、実際に使って頂け、とても助かっていると感謝して頂きました。それだけでも十分「やりがい」を感じていたのですが、今日、起きていつものようにメルマガをチェックしていると、上記の内容が。。。しかも毎週土曜日に送られてくる付録の中でも取り上げて頂けました。朝から飛び上がる勢いで喜びました。

今までWebの仕事をやってきて感じていた「やりがい」は、やはりお金だったのですが、誰かの助けになる、喜んでもらえる、こういうことがお金には代え難い「やりがい」だと改めて感じることができました。

迂闊屋スタッフの皆さん、勝谷さん、本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

フォトライブラリー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。