記事

ダメダメなホームページ、イケテナイホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. スプラッシュページがある。
  2. PC用の入り口と携帯用の入り口がある
  3. どうすれば問い合わせが出来るのかわからない。
  4. (お店の場合)どこにあるのか、住所が書いていない(郵便番号含む)
  5. クリックしたらメーラーが。。。
  6. デザインが酷い。
  7. プロバイダに割り当てられたサーバを使用している。
  8. プロバイダに割り当てられたメールアドレスを使用している。

とりあえず目立つのはこの八つかなぁ。

今見てるのはライブハウスのホームページなので、お金が掛けれないという事情もあるのかと思いますが、なんとかして差し上げたいなぁと思っております。

一つずつ解説していきますね。
まず最初の「スプラッシュページ」てやつ。
これはサイトの入り口にFlashや画像を置いてSkipとかenterとかを押してやっとこさサイト内に入れるタイプです。
これ、なぜ駄目かと言いますと、リピーターにとっては面倒でしかないんです。無くしちゃってOKです。

次に「PC用の入り口と携帯用の入り口がある」ってやつですが、これはトップページに入る前に、あなたはPCで見てるの?携帯で見てるの?という質問を答えさせて、最適なURLに誘導するという仕組みですね。なんでこれが駄目なんでしょう。これも「めんどくさい」からです。
PHPなどのスクリプトファイルを置くか、.htaccessで携帯かPCか判別してそれぞれのページに飛ばしてやる、ということが可能ですので、そういう処理をしてあげた方がユーザーの手間が少なくなって快適なサイトに一歩近づきます。
ここで問題になってくるのが、最後から2つ目の「プロバイダに割り当てられたサーバを使用している」ってとこにありますが、多くの場合、そのサーバでPHPや.htaccessを置くことができないことが多いのです。
今は月200円も出せば、それなりのサーバが借りられます。そこはケチらずに1ヶ月に2回、缶コーヒー飲むのを我慢しましょう。

次に「どうすれば問い合わせ出来るのかわからない」という問題。
これは単純にデザインの問題です。問い合わせボタンはサイトの中で最も重要といっても過言ではありません。
分かりやすい位置に大胆に配置しましょう。

次に「どこにあるのか、住所が書いていない」これ、論外です。
お客さんがお店にたどり着けません。
また、最近であれば、住所を入力するだけで、その場所までナビをしてくれるスマートフォン向けのアプリもたくさんあります。
だからとにかく、住所は公開して下さい。

次に「クリックしたらメーラーが・・・」って問題。
注意書きとして「メーラーが立ち上がります」くらい書いといてほしいですね。
フォームに行くのか、メールを送信するためにメーラーが起動するのか分かりづらいです。
でもこれ、まだましな方で、メールアドレスを画像にしちゃってるケース。
非常にもったいない。
こうなっていると、その画像を見て、画像の通りタイピングして、メール送信。
かなり面倒な作業をお客様に強いることになります。
迷惑メールが怖いのは分かりますが、Google Appsのようなフィルタのしっかりしたメールを使いましょう。

そして、「プロバイダに割り当てられたサーバを使用している。」「プロバイダに割り当てられたメールアドレスを使用している。」ってやつ。
前述しましたが、プロバイダが用意するサーバはスクリプトが動きません(全部じゃないかもしれませんが)。
あと、プロバイダを変更した場合、アドレスが変わってしまいます。これはURLもメールアドレスも。
連絡先がコロコロ変わるのは、既存のお客さんを失う可能性もありますし、あまりよろしくありません。

さぁ、ではどうすれば良いか。
まずはドメインを取りましょう。
ドメインにもよりますが、年間1000円もしません。

サーバを借りましょう。
これも月にたったの200円程度です。

約300円/月これが最低限必要な金額です。

ここから!より良いホームページを格安で作りたい、ホームページで集客効果を上げたい、ブランディングをしたい、いろいろな悩みが出てくると思います。
そんな方は@Cobanまでご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

フォトライブラリー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。