記事

これからの原発について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の地震で、福島の原発が危機的状況に置かれていることを踏まえて、これからの原発について考えてみた。

僕は関西の人間なので、電力は関西電力から供給されています。
そのため、関西に限った情報を元に考察していますので、その辺りはご了承を。

今回の原発の事故で、国内が反原発のパニック状態に陥らなかったのは非常に良かったと思います。(一部キャーキャー言ってる人はいますが)
一部の人たちの主張は、「全ての原発を停止せよ!」「人命よりも電気が大事なのか!」と言った意見。

まず、原発を全て止めたら一体どうなるのでしょうか。
関西電力の発電量の約半分は原発に頼っています。つまり、原発を止めることによって、単純に考えて関西の電力供給量が半分になります。半分になれば、かなり不便な状況になり、病院などでは人命にも関わってくるかと。

じゃあ原発の止めて、火力発電の供給量を上げれば良いのか。
僕個人的にはCO2の排出量なんてどうでもいいとは思うのですが、世界ではCO2を削減しようという動きにあり、排出権取引てなものがあって、これ以上国内からCO2を排出するのは国際的に避難の目で見られるでしょう。また、火力発電は原子力発電に比べてコストがかかります。つまり、電気代が高くなるということ。
そして、石油や石炭のような化石燃料は有限であり、それに変わる新しいエネルギーが必要になってくる。

そういったことを踏まえた上で「原発を止めろ」という発言はするべきだと思います。

ここからは僕個人の意見。
原発はこれからも上手に使っていくべきだと思います。
今回、「想定外の規模の地震」であったとのことですが、それはしょうがないと思います。
そもそも人間が、自然が引き起こす災害について想定することなんて不可能。
今回から学んだこともたくさんあると思いますので、今回の反省を生かして、安全性を確保するため、もっと工夫できるところもあるでしょう。
今回事故が起こったから、その原因を追及して、同様の事故を起こさないよう対策を練れば良い。
飛行機は落ちて死ぬかもしれないから、飛行機を全部止めろ!とはならんでしょ。
その都度学習して、改良する。それが発展というやつでは無いでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

フォトライブラリー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。