未分類

CDが売れない、お客さんが入らないと嘆くミュージシャンへ(Coban式未来型サバイバル音楽論)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一回全てをリセットしてみましょう。
ライブをやって、CDを買ってもらう。というビジネスモデルは既に破綻しています。
ライブに呼ばれる人間からすると

  • まず、どんなバンドかわからないバンドに「ライブ来てよ」って言われても、ライブに行く気がしません。
  • どんなバンドかわからないバンドのCDを買う気がしません。

そこで、まず一番最初に大事になってくるのは、どんなバンドか知ってもらうこと。
どうするか。僕は音源は全て無料で配布してしまえば良いと思います。
つまり、イベントのフライヤーなどと同じ、販促ツールとして音源を活用する訳です。
そもそも、イベントのフライヤーもバンドの作品であり、フライヤーなら喜んで無料で配布するのに音源はお金取るなんてのはおかしな話なんです。
しかも、CDで販売した音源は複製可能なので、海賊版なんて幾らでも作れます。

これからは海賊版を作れないものにお金を払ってもらう、というビジネスモデルに移行すれば良いと。
海賊版が作れないものとは、ライブです。そして、バンドが公式に出したグッズ。

これからのバンドは、ライブと物販で儲ければ良いのではないかと思います。
そのグッズの中に、きちんとプレスして梱包したCDを入れても良いと思います。
音源は無料でもファンはパッケージされた作品は欲しいですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

フォトライブラリー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。