記事

[CakePHP]Authコンポーネントと削除フラグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーの退会処理の時に、データそのものは置いといて、削除フラグ(del_flg)を1とかにしておいて、実際には削除していないけど、削除したことにすることがあります。

で、その時に問題発生。
削除フラグが1になっているユーザーもログインしようと思えばログイン出来ちゃうんですね。
それで「削除したユーザーの情報は別テーブルに移すか」とかいろいろ考えていたのですが、CakePHPのマニュアル見て一発解決!

AuthComponentの変数ってとこにあるuserScopeを設定すればOK。

<?php
    $this->Auth->userScope = array('User.del_flg' => 0);
?>

ってしてやれば、del_flgが1になってるユーザーはログイン出来ません。

問題解決。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

フォトライブラリー

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。