ここが変だよ音楽業界(ハイレゾ編)

家電量販店なんか行くと「ハイレゾ!ハイレゾ!」言うてますな。

結論から言います。僕はハイレゾ要りません!

ハイレゾとは何か。ザックリと言いますと、CDよりもきめ細やかで、低い音から高い音までの情報の音楽(音声)データです。もっとザックリと言えば、「CDよりも良い音」の音楽データ。

「CDよりも良い音」なら良いじゃないか!そう思われる方も多いでしょう。しかし!まず人間の可聴域は20Hz〜20kHzと言われています。これには個人差があり、年齢を重ねると可聴域は狭くなるので、20kHz以上の高音が聴こえる人もいれば、10kHzまでしか聴こえない人もいるので、あくまで目安と考えてもらえば良いと思います。ちなみに僕は16kHzぐらいまでしか聴こえません。それに対してハイレゾ音源というのは40kHzまで音を鳴らすのです。単純に考えれば僕はCD音源でも聴こえていない音があるという事です。だから僕には必要ないという事になります。

ただ、これは単純な計算であって、楽器というのは倍音があったり、複雑な音を奏でるのでサンプリング周波数が大きくなる事で再現性が高まるという意見もあります。

先日「バック・トゥ・ザ・フューチャー in コンサート」に行って生のオーケストラを聴く機会があったのですが、楽器が鳴る位置にマイクを立てて、PAでそれぞれの音をミックスして大きなスピーカーで音を鳴らすロックバンドのライブと違って、オーケストラの生音は繊細できめ細やかな音で、これはスピーカーでは再現出来ないなと実感。これには流石に「なるほど!そういう事か!」と心を揺さぶられましたが、普段僕が聴くのはロックやポップス。だから「ハイレゾは要らない」となったのです。

そもそも世間が「ハイレゾハイレゾ」と言い出す前からCDより高音質な音源と再生装置は存在しました。僕が高校三年生の頃(1997年)、クラスの副担任の先生がオーディオマニアで、DAT(デジタル・オーディオ・テープ)で音楽を聴かれていました。オーディオマニアの方々は当時からハイレゾ音源を聴いていたんですね。

で、現在、オーディオ機器メーカーが「ハイレゾ!ハイレゾ!」と言い出してるわけです。

ハイレゾ音源を聴くには、まず音源が必要。そしてそれを再生する機械も必要。それはそれは高額な商品ですよ。しかも、せっかくmp3やaacなどの圧縮フォーマットが進歩し、スマホで気軽にそこそこ高音質な音楽が聴ける環境だというのに、馬鹿でかいハイレゾ音源のデータにポータブルアンプ、さらにはバッテリーの消費も大きくなるのでモバイルバッテリーを携帯するなんて。。。

それでもメーカーはハイレゾの再生装置を売りたいようで、今度はイヤホン・ヘッドホンがおかしな事になってきてます。

続きは「ここが変だよ音楽業界(イヤホン・ヘッドホン編)」で。

追伸 オーディオマニアの方からは「お前の耳が悪いだけ」と言われそうですが、その通りかもしれません。今の所、僕の主観で「ハイレゾ要らん」っていうお話なのでご了承を。

ではではー。

アメリカ留学(オレゴン州ポートランド)の記憶

最近アメリカ行きたい病にかかっております。

僕は大学卒業後(2002年11月〜2003年8月)、半年間のアルバイトを経てアメリカのオレゴン州ポートランドという街に語学留学しました。その当時の記憶が頭の中から消えつつあるので、少しでも覚えている間に書き留めておこうと思います。

語学留学をしたいと思ったのは高校3年の夏休みにニュージーランドに3週間の語学留学をする機会があって、大学生になったらもっと長い期間留学したいなと思ったことがきっかけです。元々英語が好きで、さらにニュージーランドで異文化に触れた衝撃が忘れられなかった。

で、大学に進学したはいいものの、大学時代の僕は本当にパッパラパーで、勉強もろくにせず、バンド活動とかバンド仲間との交流に夢中になっており、語学留学どころか卒業さえも危うい状況でした。今思えば、勿体無い大学生活を送ったなーと思う一方で、ミンカ・パノピカのエイジさんやピロンさん、びっくりギターズの新川さん、真柴さん、しょーちゃん、フジファブリックの総ちゃん、いろんなバンドで活躍している砂ッピーなど、良い仲間と出会い、刺激を受けたりなんかして、充実した学生生活だったのかなとも思います。

話は逸れましたが、まぁそんな大学生活を送っていたこともあって、在学中に語学留学することは出来ませんでした。単位取るのに必死で、就活活動も出来ない、そんな状況でふと思い出したのが高校生の頃夢見ていた語学留学。そしてバンドを辞め、卒業後は留学しようと決意したわけであります。

当初は10月に出国する予定でしたが、ポール・マッカトニーが11月に来日するということで、それをどうしても観たくて結局11月に延期。

ということで、2002年11月23日、渡米致しました。次は何故オレゴン州ポートランドに決めたかについてでも書こうかなと思っております。

何しろ10年以上前の話なので、これから語学留学する人たちにとって参考になるかというと、あまり参考にならないかと思いますが、続けて書いていこうと思っております。

ではでは~。

【大阪都構想】賛成を投じた理由と結果について

いや~負けちゃいましたね、住民投票。お年寄りと貧しい方々が住む地域が反対多数だったり、「わからなかったら反対を!」っていうスローガンはおかしいやろとか、まぁ色々と言いたいことや思うことはありますが、結果は結果。民主主義の原則に従って受け入れる他無いというのが現実。

さて、僕は賛成に票を投じたわけですが、その理由についてザックリと書いておきたいと思います。不勉強故に突っ込みどころ満載かと思いますが、僕程度の一般市民はこんなもんやと思いますので、その辺りはご了承下さい。

まず第一は橋下市長を支持しているということ。橋下市長に対しては、好き嫌いがぱっくり割れるところではありますが、僕は好きです。なぜ好きかというと、やはりあのリーダーシップとディベート力の強さ。日本の政治家の中では最強ではないでしょうか。

第二に反対派に対するネガティブなイメージ。例えば自民党なんかは、党のトップである安倍晋三総理が大阪都構想を支持しているにも関わらず、自民党大阪府連は反対と党内で意見が分かれているということ。また、菅官房長官も「大阪自民党の活動は理解できない」という旨の発言をしていることも。さらには自民党とは水と油、犬猿の仲である辻元清美氏が自民党の街宣車に乗って演説しているという無茶苦茶な画。
共産党に関しては根本的に思想が違うし、価値観も違う。歴史についても平気で嘘をつくから信用出来ない。公明党は当初都構想に賛同していたのに突然手のひらを返したことから、これまた信用出来ない。

最後に考えたのは、市民と維新(橋下市長)を銀行と事業者に置き換えて考えてみた。都構想の協定書は事業計画書。賛否両論の協定書だけではなかなか判断が難しい。賛成派、反対派、それぞれが言うことが間逆だから。本当はじっくりと読み込んで調べればわかるんだと思いますが、あいにくそんな時間は無い。となると、結局は事業者への信頼で考えた。この人に投資してきっちり回収できるのか。その判断材料は先に書いた2つの理由。ということで、この事業者に投資をしようと判断するに至りました。

肝心の住民投票の結果は皆さんご存知の通り。反対多数で否決。この結果については冒頭にも書いた通り、受け入れる他無い。それが民主主義。

印象的だったのは自民党の柳本氏は勝利したわけだが、神妙な面持ちだったこと。そりゃそうでしょう。勝ったとはいえ、票差は約1万票。パーセンテージにすればたったの0.8%上回っただけなのだから、維新を詐欺師扱いしたビラを撒き、都構想を実現せずとも改革は可能だと明言したのだから、大阪市民の約半分の有権者は厳しい監視の目を光らせるでしょうからね。

余談ですが、平松前市長が「嬉しい!嬉しい!」とはしゃいでいたのにはかなり引きました。おそらく年内に行われる市長選に出馬するのでしょうが、こんな恥ずかしい人が市長になったら大阪は終わりですな。

一夜明けてネットでの反応(主にTwitter)を見てみると、橋下市長に対するリプライが「辞めないで!」「あなたの力不足ではない!」「私達市民にもう一度チャンスをください!」など続投を懇願する声や、「今回の結果は残念だ」など、激励や結果を悔やむ声が大阪だけでなく全国から飛んでいるのに対し、自民党の柳本氏に対しては、批判のリプライで溢れていた。

橋下市長に対するリプライ

柳本氏に対するリプライ

しかし「民意」ってのは一体どこにあるんでしょうね。

最悪の一日

まずは関西フォークソング連盟の皆様、審査員としてお呼び頂いたにも関わらず、参加出来ず申し訳ありませんでした。

今日は関西フォークソング連盟のオーディションの審査員として参加させて頂く為、箕面のグリーンホールに向かいました。が!道中自転車で大転倒してしまい、豊中で血まみれに。。。買ったばかりでお気に入りの自転車用のデニムも破れて穴が。。。この時点でもう踏んだり蹴ったりであります。。。幸いコンビニの近くで落車したため、コンビニに駆け込んで、ティッシュと絆創膏を購入。そのコンビニでトイレをお借りして、血を拭き取り絆創膏を貼る。

そうこうしている間に審査開始に間に合わなくなってしまい、仕方なく家に帰ることに。

十三付近でタイヤに違和感を感じる。とりあえず携帯していたCO2ボンベで空気を入れてみるも、一瞬入ったと思ったら、すぐにペコペコに。。。パンクです。。。

十三駅前の自転車店にこれまた駆け込んで、パンクを修理してもらう。

阪神野田駅の駅前でイライラMAXの僕に大阪都構想反対のビラを渡すババア。なんで反対なのか問い詰める。ババアは「このビラを読んで」という。「いや、貴方の言葉で聞きたい。何故反対なのか説明してくれ」と僕。答えられないババアは、僕に「ちゃんと勉強しろ」と。ここで僕、プッチン。「おい待て。わけもわからんと反対!反対!って叫ぶな。やかましい!」と僕。オロオロし出したババアに援軍登場。一方的にビラを渡してきたので、ポイと捨てる。捨てられたことにキレる援軍のババア。「場所変えよう!場所変えよう!」と逃げるババア二人。

まぁええか。。。と思いつつ、自転車を漕いでいると、フツフツと怒りが込み上げてきて、管轄の警察署に通報。公道でビラ撒きをするのは違法(申請と許可が必要)なので、取り締まってくれと。

で、阪神野田駅前で警察官と待ち合わせ。警察官を待っていると、先ほどのババアの仲間のオッサンが意気揚々と僕にビラを渡してくる。「あなた達、許可は取って活動していますか?」と聞くと、「許可?誰に許可貰う必要があるの?そんなもの必要ないでしょ。」だと。「いやいや、公道でビラ撒きするには管轄の警察署、私有地なら土地の所有者に許可を取らないといけませんよ。」と説明。オッサン、「は?そんなはずないでしょ。じゃあ道を歩くのも許可がいるのか?」だと。意味不明。改めて「ビラ撒きには申請と許可が必要なんですよ。あなた達がやってることは法に反しています。」と説明。すると「知らなかった。じゃあ帰ります。」と荷物をまとめ出す。「今警察官がこちらに向かっているから、ちょっと待ちなさい」と制止するも「私達忙しいんでー。」と逃亡。

数分後、警官が到着。事情と犯人が逃亡した方向を報告。

この後、超差別主義者のおばあさんとも出会うのだが、長くなるので続きはあとで。

【日記】日本の文化

今日はユウキに会いに自転車で梅田へ。途中、京セラドーム大阪にあるユニクロでUTを3枚購入。

タリーズコーヒーでユウキとWebと音楽について語る。と言っても、「Webを使って音楽を・・・」みたいなありがちな話ではなく、「今後ウェアラブル端末はどうなるのか」って話と「これからの音楽がどうあるべきか」という全く別のテーマで語り合った。ユウキの脳みそはちょっとぶっ飛んててとても面白い。ぶっ飛んでるだけじゃなくて、現実もしっかり見ているので聞いてて勉強になる。

今後の音楽のあり方については、僕とほぼ同意見。異なるのは「日本の文化」についての認識かな。ユウキの認識はいわゆる「和」。それに対して、「和」も「洋」も入り乱れた文化が「日本の文化」ってのが僕の認識。

ユウキとの詳しい話は置いといて、久しぶりに音楽について熱く語るユウキと別れてTokyo Wheelsというオシャレなサイクルウェアを売ってるお店へ。途中、本町あたりで入ったことのない自転車屋を発見したのでちょっと寄ってみる。Lezyneのリアライト欲しいなーと思いつつ、改めてTokyo Wheelsへ、と店を出ると、海外の観光客の家族連れに声をかけられる。かに道楽へ行きたいらしい。ナビを見ながら進んでいたので、僕も自分がどの辺にいるのかわからなかったので、とりあえずiPhoneで現在地を確認。本町駅の近くにいることがわかったので、御堂筋まで出て難波方面に向かうよう説明しようとするも、10年以上まともに英語を使っていないので、単語が出てこない。説明できない。。。言葉で説明するより連れて行ったほうが早い。てことで、「付いてきて」と言って御堂筋まで案内する。あとは「道頓堀川を超えて左に曲がればかに道楽ですよ。」と説明してさよなら。無事に辿り着いただろうか。グリコの看板とか、観光スポット教えてあげればよかったな。ちょっと後悔。

で、フルグラ食べて就寝。そして今起きました。早起き過ぎた。

とりあえず、英語をなんとかしよう。お金貯めてポートランドにもっかい留学すっかな。

【レビュー】CATEYE ストラーダ スマート CC-RD500B【サイクルコンピューター】

本日もまたまた自転車ネタです。

スポーツ自転車買うとやっぱり欲しくなるのがサイクルコンピュータ
サイクルコンピュータとはなにかと言うと、時速や走行距離などを計測して表示するコンピュータです。他にもCO2の削減量がわかったり、高いものになると地図データとが入ってGPSが入っていて自分が走行した経路を記錄出来るものもあります。

お値段はピンキリ。2,000円程度で買えるものから、80,000円以上するものも。

このサイクルコンピュータ、どうやって時速などを計測するかというと、自転車本体にセンサーを取り付けて計測するものがほとんどです。

というわけで、色々な種類があるサイクルコンピュータからどれにしようかと調べていたのですが、先日ライトのレビューで紹介したCATEYEのサイクルコンピュータを使っている人が多かったので、僕もCATEYEで探すことにしました。ちなみにこのCATEYEという会社、大阪の会社のようです。

早速CATEYEのホームページを見てみたのですが、現行品だけで17種類ものサイクルコンピュータが。。。価格.comで調べてみたら、どうやらCC-RD500B(ストラーダスマート)というモデルとCC-VT210Wってモデルが人気のよう。値段的にはCC-RD500Bが6,000円程度、CC-VT210Wが3,000円程度。

何が違うのか調べてみた結果、ざっくり言うとCC-VT210Wはワイヤレスで基本的な機能。CC-RD500B(ストラーダスマート)はBluetooth内蔵でiPhoneとの連携が出来るとのこと。

スマホ連携に惹かれた僕はCC-RD500Bを購入。

開封してみると、センサーが無い。ん?どういうことだ?と思いながら早速自転車に取り付けて、iPhoneとペアリング。ちょこっとサイクリング行ってみました。

センサーが無いにもかかわらず、時速も走行距離も計測出来てる。そこで気づきました。なるほど、iPhoneのGPSを使って計測してるのね。ってことはこのCC-RD500Bは何をしとるんだ?と疑問。結果、iPhoneで計測している情報をBluetoothで本体に飛ばして表示しているだけ。しかも比較的夜に自転車に乗るので、液晶が全く見えません。せめてバックライトが付いていれば。。。自転車に乗る時はiPhoneを自転車にマウントしている僕にとってはこの商品は不要でした。。。やってもた。。。ちゃんと調べてから買えばよかった。。。

ちゅうわけで、今はiPhoneにサイクルコンピュータのアプリを入れて、CC-RD500Bは使用しておりません。

ただし、主に昼間に自転車に乗る人、iPhoneで時速等を表示するとバッテリーの消耗が激しいのでその辺りが心配な方には使えるサイクルコンピュータかなと思います。

Mission Workshop【自転車用バッグ】

本日も自転車ネタでございます。僕が自転車乗るときに使っている鞄(メッセンジャーバッグ)について。

自転車に乗り始める前から愛用していたのがFreitagのJOEってメッセンジャーバッグ。Freitagといえば、トラックの幌やシートベルト、タイヤなどをリサイクルして作られた世界で一点もののバッグとして有名ですが、何年か前に京都で星の柄が入った超僕好みのデザインの物を見つけて、長年愛用していたのですが、どうしても気に入らない点が一つありました。生まれて35年間、ずっと悩まされている左きき問題。世の中の物って大体右利き用にできてるんですね。右利きの人はあまり意識することがないと思いますが、例えばハサミ。左手でハサミ使うと上手く切れません。他にもお茶を入れる急須とか、電車の改札とか、とにかくあらゆる物は右利きの人に合わせて作られていて、左利きの人達にとっては結構ストレスなんですよね。

で、メッセンジャーバッグも同様、大体右利き用に出来てます。右手がある程度自由に動くように左肩にかけるようにできとるわけです。

FreitagのJOEも同様、左肩にかけるようにできてます。なので左利きの僕が無意識に鞄を肩にかけようとすると、逆になってしまってかけ直す、みたいなことがずっとストレスだったわけです。

前置きが長くなりましたが、そんなストレスを解消するため、左利き用のメッセンジャーバッグは無いもんかと調べてみたらありました。Mission WorkshopとTimbuk2。Timbuk2は本国アメリカのサイトでカスタムして注文するか、TIMBUK2 Especial Messengerというモデルのどちらか。Mission WorkshopとTIMBUK2のESPECIALは、ストラップを左右逆に取り付けることによって、左利きに対応します。

どちらにするか悩んだのですが、Mission Workshopの方がシンプルでデザイン的に好みだったのでMission Workshopにしました。サイズは一番小さいMONTY、真ん中のRUMMY、一番大きいSHEDの3種類。SHEDは本当にバカでかいので、MONTYかRUMMYかどちらにしようか悩んだのですが、お店で見て背負ってみた感じRUMMYもそれほど大きくなくてフィット感も良い感じだったので、RUMMYにしました。サイズ的にはFREITAGのJOEがMONTYと同じくらいのサイズなので、JOEより一回り大きい感じ。

ほいでこのMission Workshop、メッセンジャーバッグ以外にもバックパックやアパレルもあるのですが、自転車乗りのための製品を作っているだけあって、クリップタイプのテールライトを付ける部分があったり、防水性た高かったりと、なかなかの優れ物です。

FreitagのJOEには付いていなかった3点止のストラップも快適です。これはTIMBUK2にも付いております。

これが公式の商品紹介の動画。シンプルでかっこいいでしょ?